どんな特徴があるのか

女性

コピー機のリースというのは、リースサービスを提供している業者と契約することでコピー機を利用できるようになるというサービスです。サービスの契約期間は、5年~6年程度というのが一般的ですが、中には2年以下という比較的短期間での契約が可能なケースもあります。リースをした場合のコピー機の所有権は、サービスを提供している業者側にあるため、契約期間が終了した後は返却する必要があります。しかし、継続して利用したい場合は契約期間終了後に新たな契約を結べば、そのまま利用し続けることが可能です。メンテナンスや修理については、あらかじめサービスに含まれている場合や、オプションとして選べる場合があります。そして費用に関しては、月々決まった利用料を契約者が支払うことで利用し続けることができるようになります。

利用するメリットとは

女性

コピー機をリースするメリットとしては、購入する場合と違って「大きな設備投資が必要ない」ということがまず挙げられます。最新の機種には1台あたり数百万円もするものがありますが、リースをおこなえば月々の利用料を支払うことで利用可能です。その他のメリットとしては、「契約期間が長くなるほど月々の利用料を安くすることができる」ということや、「面倒なメンテナンスをサービス業者に任せておくことができる」ということが挙げられるでしょう。

事前に準備すること

女性

コピー機のリース申し込む前に準備しておかなければならないこととしては、「どんな条件のものが必要になるのかを検討しておく」ということが挙げられます。利用する期間がどれぐらいになるかということや、コピー機に必要な機能は何か、そしてオフィスを移転する予定があるかどうかといったことを検討しておきましょう。そしてその上で、リースと購入のどちらがコスト面で得になるのかということをシミュレーションしてみるとよいと言えます。

申し込みの流れ

コピー機

コピー機のリースは、リースサービスの業者に申し込みますが、その際に貸借対照表や損益計算書などの提出が求められるケースがあるため、事前に用意しておきましょう。そして申し込みをした後は、業者による審査があり、それによって実際にリースしてもらえるかどうかが決まります。このサービスは契約が5年以上の長期に渡ることも多く、コピー機の資産価値も大きくなることから、事前の審査が必要になるのです。しかし、ある程度余裕のある運営ができている会社であれば、おおむね審査を通過することができると言えるでしょう。さらに契約が無事締結されると、コピー機が導入されることになり、初期のセットアップなどが行われて実際に利用できるようになります。

広告募集中